単発バイトマッチングアプリ「タイミー」は200万人超が利用。コロナ禍でも過去最高の売上高を更新する見通しで、9月には53億円の資金調達を発表した。タイミーの小川嶺代表は「目標は売上高1000億円」と抱負を語る(撮影:今井康一)

面接なし、かつ1日単位で働けて、その日のうちにアルバイト代を受け取れる――。

単発バイトマッチングアプリ「タイミー」は、仕事を探す200万人超が利用し、働き手を探す4万4000店舗が導入しているサービスだ。2018年8月にアプリをリリースし、現在は47都道府県すべてが対象エリアとなっている。

代表の小川嶺氏は現在、立教大学4年生の24歳。2017年8月にタイミーを設立して以来、アプリ開発からサービス立ち上げ、全国展開へと駆け抜けてきた。

人手不足の深刻化で急成長

タイミーは9月15日、総額53億円の資金調達を発表した。香港の機関投資家3社が、日本で初となる未上場ベンチャー投資の先としてタイミーを選んだ。タイミーは同時に、伊藤忠商事との業務資本提携も発表している。

今回は海外・国内投資家から想定以上の反響があり、オファーの総額は調達予定額を大幅に上回る120億円に上った。数十社との面会を通して、タイミーの成長戦略を理解してくれる投資家に絞って依頼したという。

タイミーが投資家から評価されるのは、人手不足が深刻化する日本で急成長しているからだ。

求職者は仕事の検索、応募からマッチングまでアプリ上で完結でき、1時間単位で働ける。隙間時間を有効活用できるため、学生やフリーター、主婦を中心に利用者を獲得。コロナ禍では副業目的の利用も拡大し、企業等で正社員として働く人の利用が全体の25%を占めるまで増えた。