脱炭素に向けて全方位戦略を掲げるトヨタ自動車が大事にしている情報発信メディアがある。2019年1月に豊田章男社長肝煎りでウェブ上に開設された「トヨタイムズ」だ。

トヨタイムズの記事をまとめた雑誌も発売された

開設の大きなきっかけは、18年1月に豊田社長が「自動車メーカーからモビリティカンパニーへの変革」を宣言し、仲間づくりを加速させたことだ。社内のみならずトヨタグループ以外のパートナー企業やトヨタとの協業を検討する企業に対し、変革を進める自社の取り組みを丁寧に伝える必要性が出てきた。だが、従来の広報では限界があった。豊田社長は当時「マスメディアのフィルターを通さず、われわれの意思を知ってもらう選択肢をつくる必要がある」と周囲に語ったという。