東京・汐留の日本通運本社ビルの買い手として名乗りを上げたミネベアミツミ。写真は東京・三田にあるミネベアミツミ東京本部(記者撮影)

高層ビルが林立する東京・汐留。9月3日に電通本社ビル売却が発表されたが、汐留地区の不動産をめぐる話題はまだ尽きていない。舞台は電通本社ビルからほど近い日本通運本社ビルだ。

日通は10月より、千代田区に建設した新築ビルに本社や支店を集約する。汐留の本社ビルは売却されるため、7月に入札にかけられた。2003年竣工とやや築年数は経過しているが、都心部かつ地上28階建ての大型ビルとあって、多くの不動産会社やファンドが食指を動かした。

ところが、9月に入って買い手企業の名前が伝わると、不動産関係者は一様に驚いた。