4月に発売された新型LSと新型MIRAIでは「人に寄り添った運転支援」を目指す

「右に車線変更します」。助手席に乗る担当者の指示に従いステアリングを握り、目で安全を確認すると、車内に電子音声が流れる。ウィンカーとステアリングが自動で操作され、車が右の車線へと移っていく。

今年4月に開かれたトヨタ自動車の試乗会では、高度運転支援の新機能「アドバンスト・ドライブ」を搭載する車種が披露された。同機能は高度車載システムがドライバーによる監視の下にハンドル操作やブレーキによる車線維持、車線変更や追い越しなどを支援するもの。5段階ある自動運転機能のレベル2に相当し(下図参照)、4月に「レクサスLS」と燃料電池車の「MIRAI(ミライ)」で搭載モデルを発売した。

自動運転は、メーカー各社がしのぎを削る先進技術の1つだ。「POV(Personally Owned Vehicle)」と呼ばれる個人所有の乗用車向けのものがある一方で、ロボットタクシーや自動運転バスなどを活用した「MaaS(Mobility as a Service)」と呼ばれる移動サービスでも自動運転の技術開発は行われている。

MaaS向け車両の開発において、トヨタは特定条件下での完全自動運転であるレベル4相当技術の早期開発を目指す。POVに比べMaaSは地域やルートの条件を限定しやすいからだ。

冒頭のLSなどが対象となるPOV向けは、想定される用途が幅広く、ドライバーによって運転技術も異なる。トヨタの中核子会社ウーブン・プラネット・ホールディングス(HD)の鯉渕健・最高技術責任者(CTO)は「POVではレベルの数字を追い求めない。本当に安全で安心であることがいちばん重要」と強調する。