イラスト:十時朱視

トヨタ生産方式を取り入れ、生産性や業績の向上を図ろうとする企業は多い。しかし形だけ取り入れても、なかなか成果にはつながらない。トヨタ自動車には独自のコミュニケーション術が存在するからである。

トヨタが最強といわれる現場をつくってこられたのは、社員に共通の価値観や哲学、すなわち「カイゼン」の精神が根付いているからだ。そして「カイゼン」がうわべだけのものでないのは、社内で徹底した「話し合い」ができているためだ。伝統的に「人づくり」に熱心で、後輩の指導をいとわない風土も関係している。

私は1975年にトヨタに入社し法務部に所属、84年から労働組合(労組)の専従となった。そのおかげで多くの先輩たちや工場部門の話を聞く機会に恵まれ、強さの神髄に触れた。