──戦時下、新聞は「一方的に弾圧された被害者」ではなかった。自由な報道が厳しく規制されたのは事実ですが、新聞が積極的に「参戦」したのも事実です。新聞社は、社会に情報を提供する公的な顔と同時に営利企業…