日産は新型EV「アリア」の製造拠点でもある栃木工場に、次世代型の生産システムを導入する(編集部撮影)
世界の自動車メーカーが電動化へ舵を切る中、日産自動車は電気自動車(EV)と独自のハイブリッド車(HV)技術「e-POWER(eパワー)」の2本柱で攻勢をかける。
その根幹を支える生産体制での競争力強化に向け、日産は自動化やデジタル化を推し進める次世代生産システム「ニッサン・インテリジェント・ファクトリー(NIF)」の工場への導入を進めている。
業界内では、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)技術の開発競争が激化し、異業種の参入も相次ぐ。自動車のものづくりの現場は今後どう変わるのか。日産の生産担当役員である坂本秀行副社長に聞いた。

現場が直面する3つの課題

――自動車の生産現場で今、どんな変化が起きているのでしょうか。

三重苦というと言い過ぎかもしれないが、3つの課題がある。

1つはEVやeパワー、さらには運転支援システムなどのCASE技術への対応。2つ目は高品質な車を成立させる匠の技の維持。3つ目が働きやすい職場の実現だ。NIFはそれらを克服して、次の世代に進むためのものとなる。

――NIFではEVやHV、ガソリン車を同じラインで製造するシステムを採用しました。

EVやeパワー、通常のガソリンエンジン車では、電池の大きさや、エンジン、トランスミッションなどといった扱う部品がそれぞれ異なる。部品の締結点も異なり、製造の複雑さは増している。

1つのラインを人の手で対応しようとすると(各車種への対応が複雑で)無理なので、ロボットによる自動化で対応する「パワートレイン一括搭載システム」を導入した。

EVは需要がまだ不安定

――ヨーロッパ勢や中国勢では、EVやガソリン車を同一ラインで製造するのではなく、EV専用工場を作ってEVの製造コスト削減につなげようとする動きも出ています。