アフリカでドローンによる医療品輸送サービス|豊田通商 × Zipline

悠然と飛ぶドローンからパラシュートの付いた物資が投下される。近未来のような光景がアフリカ・ルワンダやガーナで広がっている。

このドローンによる物流サービスを展開する米・ジップラインは、2016年から医薬品や輸血用血液などの輸送サービスを開始。アフリカを中心にこれまで累計約800万キロメートルを飛び、2500万人以上の人々に荷物を届けてきた。

ルワンダでパラシュート付きの荷物を運ぶジップラインの機体(写真:ジップライン)

そしてジップラインに早くから目をつけたのがトヨタグループの商社、豊田通商だ。18年6月にジップラインに出資し、ガーナでの協業などを進めてきた。

ジップラインは出資当初こそ数多くあるドローンベンチャーの1社にすぎなかったが、直近の企業価値は3000億円以上と目されるユニコーン企業。ベンチャーキャピタルではなく事業会社として同社に出資するのは豊田通商だけで、ドローンビジネスを世界へ広げていくパートナーである。