質のよい使用済みペットボトルを経済的な価格で確保するのは簡単ではない(写真:協栄産業)

「追い風というより、まるで突風だ」――。

リサイクル事業を営む協栄産業の古澤栄一社長はペットボトルを取り巻く事業状況のあまりの激変ぶりに、戸惑いも込めてそう漏らす。

近年、海洋プラスチックの問題を受けて、ペットボトルには非常に厳しい目が向けられている。そのため、大手飲料メーカーは国内全体でまだ1割強のペットボトルの水平リサイクル率(使用済みの製品を資源に戻し、再び同じ製品を作り出している割合)の引き上げに躍起になっている。

協栄産業はそのために必要な再生ペット樹脂(使用済みペットボトルを原料にするペットボトル樹脂)の製造を手がける。現在、年間約7万トンの生産力を持つが、「これからの需要に対してはとても足りない」(古澤氏)としてセブン&アイ・ホールディングスやJFEエンジニアリンググループと共同出資で、三重県津市に大型の工場整備を進める。生産能力は一気に7割増の12万トンに引き上がる見通しだ。

リサイクル事業者も再生ペット樹脂の製造設備の増強を急ぐ(写真:遠東石塚グリーンペット

リサイクル大手の遠東石塚グリーンペットも、設備投資を急ピッチで進める。現在、第1、第2工場の2つで合わせて年間8.5万トンの再生ペット樹脂の生産能力を持つ。このうち7.5万トンがペットボトル向けだ。

安田真一社長は、「再生ペット樹脂の使用比率を高めたいという飲料メーカー各社共通の方向性によって、足元では供給が追い付いていないという状況になっている」と語る。

現在、新たに兵庫県姫路市に年産約10万トンの再生ペット樹脂の第3工場を建設中だ。こちらの用途はすべてペットボトル向けという。

リサイクルで作られるのは8本に1本