(イラスト:ソリマチアキラ)

東京五輪の陸上女子1500メートルで決勝進出して8位に入賞した田中希実選手は、日本女子の中距離種目では、1928年アムステルダム大会の800メートルで銀メダルを獲得した人見絹枝選手以来、93年ぶりの快挙といわれた。

その田中選手の「自分の常識を覆すことができた」という印象的なコメントが心に残っている。さらに「今後いつ、巡り合えるか。気持ちや状況は一期一会なので」という言葉も残した。

アスリートたちの言葉は奥深く心に染み込むものが多い。例えば、水泳で金メダルを2つ獲得した大橋悠依選手は「自分がやってきたことを救ってあげたい」と言い「全部に意味があったと思えるには、ここで全部、自分を出し切るしかない」とも語っていた。