最高益の予想ではなかった企業が、一転して最高益になりそう、というのも株式市場にとってサプライズだ。3カ月前の四季報夏号の予想では最高益ではなかったが、今秋号では一転して最高益となりそうな企業を掲載し…