東京電力・福島第一原発にあるALPS処理水のタンク(代表撮影)
自民党の山本拓・衆院議員(元農林水産副大臣)は、同党の総合エネルギー調査会会長代理を務める原子力発電推進派のベテラン議員だ。その山本氏が東京電力・福島第一原発事故で発生した汚染水を浄化処理した「ALPS処理水」の海洋放出に断固反対の論陣を張っている。
政府方針に反対する理由は何か。山本議員にインタビュー取材した。

菅首相は約束を反故にした

――山本議員はALPS処理水の海洋放出反対を明言しています。与党議員でありながら、政府方針にあえて反対する理由は何でしょうか。

政府や東京電力は2015年8月、福島県漁業協同組合連合会(福島県漁連)に対して、「関係者の理解なしにいかなる処分も行わない」という文書を差し入れている。にもかかわらず菅首相は約束を反故にして2021年4月、海洋放出のゴーサインを出した。

福島県漁連のみならず、全国漁業協同組合連合会(全漁連)など多くの漁業関係者が「断固反対」を表明しているのは当然だ。