なかぞら・まな 1991年慶応義塾大学経済学部卒業、野村総合研究所に入社。97年野村アセットマネジメントでクレジットアナリストに。社債や国債を分析。モルガン・スタンレー証券、JPモルガン証券を経て、2008年10月からBNPパリバ証券クレジット調査部長。11年から現職。(撮影:尾形文繁)

異常を察知するとさえずりをやめるカナリアは、高性能なガス検知機器ができるまでは炭鉱労働者の命を守る警報器だった。転じて「炭鉱のカナリア」は危機の前兆を指す。金融市場の中ではクレジットがその役割を担ってきた面がある。

現状のクレジット市場を見る限り、カナリアは鳴き続けている一方で、クレジットスプレッド(リスクに応じた利回りで信用力を示す)は日米欧いずれも0.5%ポイントを割り込んで久しく、十分にタイトで信用環境はよい。今後はさらに改善される可能性がある。3つ指摘したい。

第1にファンダメンタルズが徐々に改善されている。2021年第2四半期決算では企業の収益性が改善し、前期比で見たEBITDA(利払い前・税引き前・償却前利益)は米国13%増、欧州6%増となった一方、負債水準は変わらず、結果的にレバレッジが改善されている。