新型コロナ対策として購入が広がるイベルメクチンに、専門家は「有効性を示す科学的根拠はない」と反対する(Isadora Kosofsky/The New York Times)

テキサス州サンアントニオの救急医グレゴリー・ユー氏はこの1週間、患者から毎日同じ要望を受けている。新型コロナワクチンの接種を済ませた患者と済ませていない患者の両方から、「イベルメクチンを処方してもらえないか」と頼まれている。だが、イベルメクチンは通常、寄生虫病の治療に使われる薬だ。新型コロナウイルスの感染予防・治療効果を確かめる臨床試験(治験)は、繰り返し失敗に終わっている。

ユー氏は患者の求めに応じていないが、そうでない同僚もいるという。米疾病対策センター(CDC)の研究員らによると、イベルメクチンの処方件数はここ数週間で急増。パンデミック前は週平均3600件だったが、8月中旬には週8万8000件を超える水準に跳ね上がった。

薬剤師からは在庫不足を指摘する声も上がる。人口約2万人のアイダホ州クナの薬剤師トラヴィス・ウォルソール氏によると、例年は2、3件にすぎなかったイベルメクチンの処方が、今年はすでに20件を超えたという。ここ1週間は通常の取引先からイベルメクチンを仕入れることもできなくなった。在庫が底をついたためだ。