ランニング王国を生きる 文化人類学者がエチオピアで走りながら考えたこと(マイケル・クローリー 著/児島 修 訳/青土社/2420円/320ページ)書影をクリックするとamazonのサイトにジャンプします。
[Profile]Michael Crawley フルマラソン2時間20分53秒のタイムを持つ人類学者、作家。英ダラム大学人類学准教授。

もう20年以上前になるが、ある芸人が自身の持ちネタのオチに「アフリカの運動会ではいつも世界新記録が出る」というようなセリフを使っていた。そんなことを、本書を読んで思い出した。

今の基準で批判しようというのではない。ただ、そのネタには私たちが現在も抱きがちなステレオタイプが表れていたと思う。ネガティブなニュアンスではなかったが、アフリカの子なら身体能力が優れているはずだという思い込みが根底にあっただろう。

現在、世界トップクラスの長距離走者は、エチオピアやケニアなど東アフリカに集中している。東京五輪の男子マラソンでも、ケニアのエリウド・キプチョゲ選手が圧倒的な強さで連覇を果たした。