被爆はいかに報じられたか 実名報道の持つ底力も示す
評者/関西大学客員教授 会田弘継

『ヒロシマを暴いた男 米国人ジャーナリスト、国家権力への挑戦』レスリー.M. M. ブルーム 著/髙山祥子 訳(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)
[Profile] Lesley M. M. Blume 米国のジャーナリスト、ノンフィクション作家、小説家。『ヴァニティ・フェア』、ニューヨーク・タイムズなどに寄稿。ヘミングウェイに関するノンフィクション『Everybody Behaves Badly』がベストセラーに。

広島への原爆投下から約1年後、米誌『ニューヨーカー』が全誌面を割いて一括掲載したジョン・ハーシーのルポ「ヒロシマ」は、当時の米当局による厳しい報道管制の中、被爆の惨状を初めて詳細に世界へ伝えた。歴史的な報道であり、その後の核戦争を防ぐのに大きな役割を果たしたともいわれる。

本書は、報道管制をくぐり抜けて広島の被爆者らに会い、彼らの体験を書き記したハーシーと、検閲や世論の反発への懸念にもめげず特集号発行に踏み切った編集者らの軌跡をたどる。報道への信頼が揺らぎがちな今、報道の自由と言論活動の大切さを再確認する意味で、広く読まれることを期待したい好著だ。

1945年晩秋、ハーシーと『ニューヨーカー』編集者は会食し、同誌と通りを隔てて社屋のある有力紙ニューヨーク・タイムズの向こうを張る、被爆地広島の実態を描くルポを計画する。同年9月、同紙記者は他メディアとともに米軍手配の広島視察に参加、1面記事で被爆生存者を苦しめる不可解な病状に触れた。だが、1週間後の記事でそれを日本の宣伝だと否定。米政府の圧力を感じさせた。

ハーシーらは原爆の威力を示すだけのデータやがれきばかりの写真ではなく、「名前を持った」個々の被爆者がたどった運命を描くことで、被爆の実態を暴こうと決意する。

本書は、後に日本に帰化するドイツ人神父を含め6人の被爆者の取材に至る過程とともに、「ヒロシマ」が描く惨事の記録の一端も再録。改めて実名でつづる報道の持つ底力を知る。昨今の匿名報道の風潮は言論衰退の一因であろう。

すでに戦記物でピューリッツァー賞を得ていたハーシーが報道管制をかわし、占領軍の協力も得て広島に向かうことができたのは、過去の作品の1つでマッカーサー元帥を好意的に描いていたからだ。その利点を正念場で言論の使命のため存分に活用するジャーナリズム精神に脱帽する。

本書でも解けていない謎がある。『ニューヨーカー』編集幹部は「ヒロシマ」を検閲に委ねる苦渋の決断をし、原爆開発責任者グローブス中将本人に直接提出した。中将の要請で2カ所を変更したが、それがどこか不明だという。

「ヒロシマ」への世界的な大反響に驚いた米政府は、原爆使用によりその犠牲者の何倍もの戦死傷者を出さずに済んだという反論をぶつける。現在でも使われる理屈だ。だが、実名でつづられた6人の物語は、名前のないデータの虚妄を暴き、核兵器の非人道性を今も訴え続けている。