昨年のコロナショックを乗り越え、米国株は強気の相場が続く(Brittainy Newman/The New York Times)

「年内の開始が適当だ」。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は8月27日、米カンザスシティー連邦準備銀行が主催した経済シンポジウム「ジャクソンホール会議」で、2020年3月に再開した量的緩和縮小(テーパリング)の開始時期を明言。金融緩和政策の見直しを明らかにした。注目されたジャクソンホールでのパウエル発言が市場の想定どおりだったこともあり、27日のNYダウ平均株価は3万5455.80ドル(終値)と前日比242.68ドル上昇した。

新型コロナ禍を受けて大量のマネーを市場に供給したFRBの政策変更により、今後の株価はどのように推移するのだろうか。21年末のNYダウ平均について、4人の専門家の見方は上昇と横ばいに分かれた(下表)。