(bee / PIXTA)

Tさん

「短期取引で一儲けしてみようという考えはダメ。長期で資産を増やそうというスタンスで、米国株には向き合うべき」。そう語るのは3.5億円の資産を運用するTさんだ。運用資産の7割を米国株に振り向ける。「初めて米国株を買ったのは1995年。アップル株でした」と話すなど、米国株投資歴は27年に上る。

アップル株はタイミングを見ながら売買を繰り返し、手元にある株は約15年前に購入した分。当時は2ドル台で今や140ドル台後半だ。フェイスブック(FB)もIPO(新規株式公開)直後に30ドル前後で買い、今は370ドル台にまで上昇。まさに「テンバガー(株価が購入時比で10倍に跳ね上がる銘柄のこと)」で資産を形成してきた。

アップル、FBに代表されるような、長期保有でリターンを狙う「バイ&ホールド」を徹底する。「決算がいいなら、株価が購入時より50%下がっても売りません。会社が成長すれば株価は自然と上がっていきます。そういった利益を株主として享受するためには、長期保有しないと」。

そんなTさんが注目する主な銘柄は下表の7つだ。例えばドキュサインはリモートワークの拡大で電子署名サービスの普及が見込まれる。昨年9月に上場したパランティアテクノロジーズはピーター・ティール(電子決済大手ペイパルの創業者で、FBに初期に投資)が共同設立者である。