投資信託への積み立て投資は、目先の相場に左右されず長期で続けるのがコツ(Jeenah Moon/The New York Times)

普通の個人が米国株式を用いた資産形成をする場合、真っ先に思い浮かぶのは長期コツコツ型の積み立て投資だろう。金融庁も個人の資産形成については「長期、積立、分散投資」の有効性を唱えており、米国株式の積み立て投資はその理にかなう。

2014年からスタートした投資の税制優遇措置を活用して、有利な資産形成を、と考える人もいるだろう。下表に示したように、一般NISAとつみたてNISA、iDeCoを用いれば、金額面の上限など制約事項はあるものの、運用収益に対して課税されずに済む。ちなみにiDeCoは公募投資信託のみが運用対象になるため、株式と同様の扱いになる東京証券取引所上場ETF(ETF=上場投資信託)や米国上場ETFでの積み立て投資はできない。