きりたに・ひろと 1949年、広島県生まれ。プロ棋士七段。現役時代は「コンピューター桐谷」の異名を取った。84年、東京証券協和会将棋部の師範をしていたことをきっかけに、株と出合う。(撮影:梅谷秀司)

5月下旬に米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズの株を買い、米国株投資を始めた投資家の桐谷広人さん。7月には『桐谷さんの米国株入門』(ダイヤモンド社)を出版した。米国株に興味を持った訳とは。

「米国株でも日本株と同じく配当利回り重視です」

米国株は購入方法がわからなくて、手をつけていませんでした。ただ調べてみると、すでに持っている日本株の証券口座から米国株が買えるとわかりました。米国株へ投資するのに特別な手続きが要らない。それならやってみようと。

実際に投資してみて驚いたのは、1株から買える点です。ベライゾン株も6000円くらいで買えるんです(8月24日の終値は55.01ドル)。株主への配当も日本企業と違い年に1〜2回ではなく、4回やそれ以上という会社が多い。高配当や、連続増配といった会社も多数あります。