グラウンド・ゼロに建てられた国立9月11日記念館・博物館(AP/アフロ)

9月11日に米国は、2001年に発生した中枢同時多発テロから20年の節目を迎える。テロ後生まれの世代が人口の約4分の1に達しており、若い世代への記憶の継承が課題となっている。

現在の米国では大学に通い始めた世代ですら、同時多発テロをリアルタイムでは経験していない。学校教育においても、19年に全米の教師を対象に行われた調査によれば、中学校では2割弱、高校でも1割強の教師が、授業時間の不足などを理由に同時多発テロを教えていなかった。

授業で同時多発テロを取り上げている教師たちも、遠ざかる事件を教える難しさを感じている。前述の調査では、適切な教材の不足や生徒側の知識の欠如、さらには陰謀論的な解釈の広がりなどが、課題として指摘されている。