首都圏の再開発工事は競争激化で採算が低下傾向にある。写真はイメージ(撮影:今井康一)

「大成さんはここまで悪いのか」

8月上旬、スーパーゼネコンのあるベテラン社員は、出そろった大手ゼネコンの決算資料を見比べて思わずうなった。

スーパーゼネコンの一角、大成建設は8月5日、今2022年3月期第1四半期(2021年4月~6月期)決算を発表した。その内容は業界関係者が驚くほどのすさまじい落ち込みだった。

第1四半期の売上高は前年同期比5.4%増の2832億円だったが、営業利益は同80.7%減の33.8億円と大幅な減益だった。営業利益は通期計画に対する進捗率がわずか3.7%にすぎない。同社にとっては、2015年3月期の第1四半期に営業利益15.8億円を計上して以来の低水準だった。

「大成ショック」に株式市場も反応

「大成ショック」とも言える低調な決算内容に、株式市場もすぐさま反応した。8月5日の同社株価は一時、前日終値比6.8%ダウンとなる3510円をつけた。その後も3500円前後で推移している。