マスクCEO率いるテスラの利益率は既存の大手自動車メーカーと遜色がなくなってきた(撮影:尾形文繁)

電気自動車(EV)メーカーの米テスラが大きな関門を越えた。7月下旬に発表されたテスラの2021年4~6月期(第2四半期)決算は、営業利益が13.1億ドル(売上高比11%)、純利益が11.4億ドル(同9.6%)と、いずれも四半期で初めて1000億円を突破した。

単に黒字額が大きくなっているだけではない。利益の“質”も変わってきている。これまでも四半期での黒字化はあったが、そのほとんどは規制クレジット(排出権)収入を除けば赤字だった。対して今第2四半期の純利益はクレジット収入を除いても7.8億ドル(同6.6%)の黒字だ。

クレジットとは、EVや燃料電池車など走行時に排ガスを出さない車(ZEV)の普及政策の1つで、米国のカリフォルニア州などが導入しているもの。自動車メーカーは一定のZEVや新エネルギー車(NEV)の販売義務を課され、達成できない場合、未達分の罰金を払う。もしくは、義務以上のZEV、NEVを販売したメーカーからクレジットを購入する。

EV専業であるテスラはクレジットを売るのみ。原価がかからないため、ほぼそのまま利益となる。