(イラスト:ソリマチアキラ)

稲見萌寧選手、オリンピックの銀メダル獲得、おめでとうございます! 日の丸が表彰式で風にたなびいたときには、感動で目が潤みました。

また、畑岡奈紗選手はショットで苦労しながらも忍耐と根性でベスト10入りしました。自国開催という重圧と期待に対峙して、責任感いっぱいに戦った日本代表の松山英樹選手、星野陸也選手、畑岡奈紗選手、稲見萌寧選手に心からのたたえと感謝をさせていただきます。そして、コーチを務めた丸山茂樹プロと服部道子プロ。献身的に選手に寄り添い、とても頼もしい存在でした。

稲見選手の銀メダル。世界各国のトッププロと4日間、互角に戦い、とくに最終日バック9で4連続バーディでの追い上げは圧巻で、金メダルもすぐそこでした。あの重圧の中でなぜ、それが淡々とできたのか。まさに、稲見選手のひたむきさと日頃のしっかりした鍛錬の賜物だと思います。