ソフトバンク・ビジョン・ファンドは積極的に投資を拡大している

ソフトバンクグループ(SBG)の株価が振るわない。昨年は巨額の自社株買いプログラムが好感され、株価は上昇が続いた。だが、それが終わりに近づくと株価は下落。今年3月に年初来高値をつけてから4割ほど値下がりしている。これは自社株買い終了のほかに、中国の投資先の株価下落リスクが懸念されている面もあるだろう。

2021年度第1四半期(4〜6月期)、AI(人工知能)関連のベンチャーに投資するソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)の投資利益は前年同期比約3%減の2787億円だった。複数の投資先の売却や、中国の配車アプリ大手の滴滴出行が上場したことなどで大きな含み益が出た。一方で韓国のネット通販大手クーパンの株価下落などによる評価損計上が響いた。

中国リスクが決算に顕在化するのはむしろ今後だ。中国政府は目下、大手IT企業への規制と管理を強めている。SBG本体が出資し、保有資産の約4割を占めるアリババグループは4月に独占禁止法違反で巨額の罰金を科された。 

SVFの主要な投資先も大きな打撃を受けている。滴滴やトラック配車サービスの満幇集団は政府の安全保障上の審査対象となり、株価は6月末以降3割以上下落した。政府の審査は海外で上場する中国企業にも及んでおり、SVFの投資先で、米国で上場するフィンテックの金融壱帳通や不動産マッチングサービスの貝殻找房の株価が同期間に5割以上下落している。