ごとう・たかし 1949年生まれ。72年東京大学経済学部卒業、第一勧業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)入行。2004年みずほコーポレート銀行副頭取。05年西武鉄道特別顧問、社長。06年から現職。(撮影:尾形文繁)

コロナ禍で人の移動が抑制され、鉄道やホテルの業界は大きく打撃を受けた。

西武鉄道とプリンスホテルを傘下に抱える西武ホールディングス(HD)も例外ではない。2020年度には、資金繰り対策で1600億円の資金を新たに借り入れたほか、鉄道、ホテル両子会社が計800億円の優先株を発行。今期も資産売却を決断するなど経営の再構築を急ぐ。一方でレジャーについては、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)再生の立役者である株式会社刀の森岡毅氏を招聘、100億円を投じ西武園ゆうえんちを5月にリニューアルオープン。昭和の熱気あふれる商店街の再現や日本が誇る怪獣「ゴジラ」をテーマにしたアトラクションを武器に集客を狙う。

混迷の時代、西武HDはどのような方向に進むのか。後藤高志社長に聞いた。

埼玉西武ライオンズの2019年観客動員数

本拠地・メットライフドームは娯楽性を高めた「ボールパーク化」が今春完了。コロナ禍が収束すれば動員数アップも夢ではない。

──なぜ西武園ゆうえんちのリニューアルに踏み切ったのですか。