2021年5月に閉店したガイア神田東口店。ガイアは店舗網を急速に縮小させている(記者撮影)

「近所の好立地の店がなくなって驚いた」

「あそこの経営状況は注視している」

パチンコ業界関係者が今、もっとも注目しているのがパチンコホール大手・ガイアの動向だ。

同社は2010年ごろに全国で約190店を展開するなど、業界2強のマルハンとダイナムジャパンホールディングスとともに全国チェーンとして存在感を発揮していた。売上高ランキングでもトップ5の常連だった。

しかし、最新の2019年度の売上高は6位に後退。2020年6月時点で店舗数は136店まで縮小している。

店舗の多くは地場企業に譲渡

過去2年分の官報を確認すると、ガイアが同業他社に店舗の経営権を譲渡した事案が少なくとも12件ある。

このうち、全国チェーンに譲渡したケースは、2020年12月にマルハンが承継を決めた宮城県のケースだけ。多くは地場企業に店舗を譲っている。

例えば、2021年7月に「メガガイア函館港店」(北海道函館市)を譲り受けることが決まったベガスベガス。同社の本社は現在東京だが、ルーツは山形県で店舗網の多くは東北・北海道に展開している。