高知市は高知県中部にある人口約32万4000人の中核市だ。県全体の人口約68万3000人のうち約47%を占め、都道府県内人口占有率では、京都市、仙台市に次いで全国3位である(東京特別区は除く)。土佐湾に面し、支湾の1つである浦戸湾には7つの河川が流入する。鏡川、久万川、江ノ口川、長浜川、国分川、舟入川、下田川だ。

戦国時代のこの地を治めたのは四国を統一した長宗我部元親だった。その後、関ヶ原の戦いを機に掛川城主だった山内一豊が土佐藩初代藩主となり、城下町が形成された。山内氏は自らの家臣を「上士」、旧長宗我部氏の家臣を「下士」と呼び階級を分けた。

幕末に活躍した坂本龍馬や中岡慎太郎、武市半平太らは、冷遇、弾圧された下士の出身だ。また、三菱財閥の生みの親で実業家の岩崎弥太郎も下士のうち「郷士」の出身だった。