テスラの利益率は既存の自動車メーカーと比べても遜色がなくなってきた。写真はイーロン・マスクCEOが来日した2014年(撮影:尾形文繁)

電気自動車(EV)メーカーのテスラが大きな関門を越えた。

7月27日に発表されたテスラの2021年4~6月(第2四半期)決算は、営業利益が13.1億ドル(売上高比率11%)、純利益が11.4億ドル(同9.6%)と、いずれも四半期で初めて10億ドルを突破した。

四半期ベースの黒字額が単に大きくなっているだけではない。利益の“質”も変わってきている。

クレジット収入依存からの脱却

これまでテスラが四半期ベースで黒字化したことはあったが、そのほとんどは規制クレジット(排出権)収入に依存していたからだ。その分を除くと実質的な純損益は赤字が大半だった。