アンドパッドの稲田武夫社長(右)と植野大輔上級執行役員CMO。植野氏はファミリーマートのスマートフォン決済「ファミペイ」の立ち上げ指揮を執った人物(提供:アンドパッド)

「あの植野大輔さんがアンドパッドに移ったと聞いたが、本当なのか」

今年初め、小売業や建設業の関係者がざわついた。植野氏は、ファミリーマートでデジタル戦略部長としてスマートフォン決済「ファミペイ」の立ち上げ指揮を執った人物として知られる。その‟大物”が2021年1月、建設プロジェクト管理アプリ「ANDPAD」を展開するアンドパッドの上級執行役員CMO(マーケティング責任者)に就任したのだ。

三菱商事やボストンコンサルティンググループ、そしてファミリーマートを経た植野氏は、2020年3月に独立し、DX(デジタルトランスフォーメーション)支援企業を立ち上げたばかりだった。

稲田社長「僕はもう、決めていますから」