造船業界に明るい話題が出てきた。写真は今治造船の進水式の模様(Rod Walters/アフロ)

長らく構造不況に苦しんできた日本の造船業界に、ようやく薄明かりが差してきた。

「中国や韓国の造船所の船台(ドック)が埋まっている。船価アップを図りながら受注を伸ばしたい」

7月に都内で会見した業界最大手・今治(いまばり)造船の檜垣幸人社長は頰を緩めた。

今治造船の手持ち工事量は、7月時点で適正水準とされる2年分を超え、2.5年分近くに積み上がっている。業界2位のジャパン マリンユナイテッド(JMU)も受注量を増やしており、久しぶりに明るい話題が続く。

各社の業績も回復している。今治造船の2021年3月期の売上高は3712億円と、前期比微減ながら営業黒字を確保したもようだ(前期は207億円の営業赤字)。JMUなども赤字幅を縮小させている。