新抗菌薬開発の苦闘をつづる 人類に迫る“楽園追放”の時
評者/サイエンスライター 佐藤健太郎

『超(スーパー)耐性菌 現代医療が生んだ「死の変異」』マット・マッカーシー 著/久保尚子 訳(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)
[Profile] Matt McCarthy 医師、米ワイルコーネル医科大学院助教授。MLB(米大リーグ機構)のエンゼルスにドラフトで指名されるほどの野球選手だったが、医師の道に。ニューヨークのプレスビテリアン病院では倫理委員会の一員であり、勤務医として働いている。

新型コロナウイルスの変異株は、われわれに新たな脅威を突きつけた。ワクチンを打てばコロナ禍終了、とはいきそうにないことが、徐々に明らかになりつつある。

病原体の変異の恐ろしさは、細菌感染症でも同じことだ。各種の抗菌薬が効かなくなる変異を起こしたスーパー耐性菌が、世界中に拡大しているのだ。このままいけば、2050年には世界で1000万人が、スーパー耐性菌の犠牲になると見られている。新型コロナによる死者がここまで約410万人であることを考えれば、これがいかに恐るべき数字かわかるだろう。

しかし、新たな抗菌薬はなかなか登場しない。これにはいくつかの理由がある。1つは、自然界から見つかる抗菌薬をほぼ取り尽くしたことだ。科学者たちは世界各地の土壌や海洋生物を探索してきたが、もはや新規物質はなかなか見つからなくなっている。

経済面の問題も根深い。新抗菌薬の開発には、莫大な費用が必要になる。しかし、新薬を大々的に使えばすぐ耐性菌が出現するから、ここぞという状況でのみ切り札として使わねばならない。このため製薬企業にとっては、抗菌薬は開発費用を回収しにくく、手を出しづらい分野なのだ。

抗菌薬の臨床試験の難しさも、新薬の登場を阻んでいる。本書は、新薬の臨床試験に取り組む医師の手記だ。臨床試験では、開始前にプロトコルを作成し、治験審査委員会の審査を受ける必要がある。審査は理不尽に見えるほどに厳しいものだが、その裏には過去に行われた数々の非人道的な人体実験がある。また臨床試験開始にこぎ着けてからも、治験参加者の募集には多くの労苦を伴う。試験では単なるデータとして処理される被験者たちには、それぞれに異なる人生があり、一人として同じ条件の者はいない。臨床試験が話題に上ることが多い昨今、こうしたことはもっと知られるべきだ。

新しい治療法の研究、師匠と仰ぐ研究者とのやり取りなど話題があちこちに飛び、一見散漫な構成との印象も受けるが、最前線に立つ者にとって現場とは常に複雑なものであることの表れだろう。生々しい筆致からは、今まで簡単に治せた病気が、不治の病に逆戻りしつつあることへの焦燥が伝わってくる。

ペニシリンの発見以来、われわれは細菌感染症に関して楽園というべき世界に住んできた。しかし楽園からの追放は、もう間近に迫っている。コロナ禍の陰で着実に進むもう1つの危機に、われわれはもっと関心を払うべきだろう。