「文章で人生が変わる」。今、文章力の向上を目的とした本がビジネスパーソンの間で人気を呼んでいる。

なぜ、文章を書くことなのか。『取材・執筆・推敲 書く人の教科書』の著者でライターの古賀史健氏は「今はもう、ビジネスでは小さなことでもメールでの記録がないと動かない。理路整然としたメールを書けるような文章力が、いちばん大事なビジネススキルになっている」と話す。

リモートワークで鮮明に

社内外の情報伝達の手段としては最も多く使われるメール。その作成のときに必要なのは、伝えたいことを正確に伝えられる文章力にほかならない。企画書や報告書で求められるのも、凝りに凝ったビジュアルではなく、本質的にはメールで求められることと同じ文章の力である。

ビジネスパーソンであるなら百も承知の話なのだろう。しかし、自身の文章力と真剣に向き合ってきた人は少ないのではないか。目の前の仕事に追われる日常において、文章を書くという基本スキルに立ち返る余裕はないからだ。

変化を促したのがコロナ禍である。リモートワークにおける情報伝達手段として、メールやチャットの役割はさらに高まった。企画書はよりシンプルでわかりやすい内容が求められる。文章の良しあしがビジネスの成否に直結する。それはもう誰も否定できない。

幸いリモートワークは自分自身の文章力と向き合う時間を生み出した。ライター向けに書かれた『取材・執筆・推敲』も、実は経営者や幹部社員など幅広い読者が手に取っている。

文章力が必要とされるもう1つの理由はWebメディアやSNS(交流サイト)の増殖だ。新聞や雑誌の書き手はプロフェッショナルにほぼ独占されていたが、WebメディアやSNSは多くの書き手に門戸を開いた。プロが教える「ライター講座」には、ライター志望者に加えて、そうしたメディアでの情報発信に関わる人、関心のある人たちが多く集まるという。

文章を書くことは「人生を変える」ほど重要になった。では、そのスキルはどうやって引き上げればよいのだろうか。さまざまなシーンや目的に応じて、専門家にその手段を解説してもらったのが今回の特集だ。マスターすれば、ビジネスでは「無敵」ともいえる文章術を手に入れることになる。

週刊東洋経済 2021年8/7-14号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。