東京五輪に海外からの観光客は来られなかった。選手や関係者も自由に街を歩き回ることはできない。日本の伝統文化や「おもてなし」を体験してもらう機会がなくなってしまった。

そのこと自体は残念だ。一方でこうも思う。「日本は本当におもてなしの国なのか」と。

外国人が1週間程度滞在するなら日本は非常に快適だ。街は清潔で、食事は安くておいしい。国民は総じて親切だ。しかし、おもてなしはよそ者扱いと表裏一体であり、日本社会の底流には強烈な排他性が残っていると感じている。