志摩市は三重県の志摩半島南部にある人口約4万8000人の街だ。2016年、市内の賢島(かしこじま)が第42回主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の開催地となったことは記憶に新しい。「御食国(みけつくに)」と呼ばれた地域でもあり、古代~平安時代には魚や貝類などの海産物を朝廷や伊勢神宮に納めていたという。

水産資源が豊富なのは、入り組んだリアス式海岸の存在が大きい。的矢湾のカキ、英虞湾(あごわん)の真珠の養殖は全国的に有名だ。この両湾は水深が深く、外洋の影響を受けにくいため古くから漁業が盛んだった。養殖にも適した地形で、明治期半ばの1893年には、御木本幸吉が世界で初めて半円真珠の養殖に成功。真珠養殖の街として脚光を浴びることとなる。

真珠養殖で有名な英虞湾。リアス式海岸の入り組んだ様子がよくわかる(PIXTA)

真珠養殖にはアコヤガイが利用される。毎年春に母貝への核入れが行われ、真珠が育つまでの間、水温などの環境に注意を払いつつ湾の内外を移動させる。手塩にかけて育てられた真珠は、高度成長期、人々が豊かになる中で人気を集めた。1950年代後半~60年代半ばの真珠ブームで年間生産量が飛躍的に伸び、50トンを超える年が続いた(三重県全体値)。