不正車検が発覚したトヨタ直営の販売店・レクサス高輪。現在、車検業務は中止している(撮影:風間仁一郎)

「真面目にやっている店からすれば、はた迷惑な話だ」

トヨタモビリティ東京(TMT)の販売店・レクサス高輪(東京都港区)で発覚した565台の不正車検。東海地方のトヨタ販売店の店長は憤りを隠せない。トヨタ自動車系では3月にネッツトヨタ愛知の販売店で5000台を超える不正車検が発覚したばかりだ。

TMTは全国に258社あるトヨタ系販社で唯一の直営。しかも「おもてなし」をブランドの軸に据えるレクサス店で不正は起きた。直営販社が引き起こしたブランドの毀損行為に系列販社には衝撃が広がる。

今回の不正は6月に国土交通省関東運輸局が行った監査で発覚した。2019年6月から2021年6月末までに同店が実施した車検の約3分の1に当たり、4人の検査員が関わった。

排ガスの成分やスピードメーターの精度について必要な検査を実施しなかったり、ヘッドライトの明るさやパーキングブレーキの効き具合などについて検査の結果を改ざんしたりしていた。

TMTのレクサス高輪では車検の時間を2時間に設定していた。しかし、新車販売の増加に伴って、車検の入庫台数も拡大。土地柄、法人顧客が多く、急な整備依頼にも応じることが多かった。一方で人員や設備の増強が追いつかず、社員の負荷が慢性的に高まっていた。

車の状態は車種や走行距離によって違い、車検の作業時間は本来1台ごとに変える必要があったが、「時間内に仕上げることを最優先したことが不正につながった」(TMTの関島誠一社長)。

「短時間車検」は章男氏が推進