ある日突然、会ったこともない弁護士が自宅に来て、一方的にこう言った。「家庭裁判所の審判で、あなたに後見人がつくことになりました。私が後見人です。あなたにご自分の財産を動かす権利はありません」──。

2000年4月から介護保険制度と同時に始まった「成年後見制度」。介護保険が定着したのとは対照的に成年後見は根付かなかった。そればかりでなく「こんなことなら利用しなければよかった」との声が相次いでいる。

成年後見制度は、認知症の高齢者や知的・精神障害者などの財産を守り、活動を支援するために作られたものだ。これには任意後見法定後見の2種類がある。

任意後見は、本人に判断能力があるうちに信頼できる人に「自分が認知症になったらこうしてほしい」と希望を伝え、契約を締結。契約を結んだ任意後見人は、依頼者本人が認知症になったと判断したら、家裁に申し立てる。家裁は任意後見人の活動を支えるため、任意後見監督人も選任する。

一方の法定後見は、認知症などで本人に十分な判断能力がなくなった後、家裁が職権によって法定後見人をつける。法定後見の申し立てができるのは、本人や4親等内の親族、市町村長。申し立てを家裁が審理した後、法定後見人を選任する。制度全体の利用者は20年で23万人だった。