日本ではまだ機能が限られているグーグルペイだが、米国では矢継ぎ早に新機能が追加されている

日本の金融業界に衝撃が走った。米グーグルは7月13日、スマートフォン決済アプリを手がけるベンチャー・pring(プリン)を買収すると明らかにした。7月下旬以降に既存株主から全株式を取得。これによりグーグルは、日本で決済・送金事業に本格参入する。

同日にはプリンの株主であるメタップス、ミロク情報サービス、日本瓦斯の各社もグーグルへの売却を発表。45.3%を保有するメタップスが譲渡価額を49.2億円と開示しており、買収総額は少なくとも100億円超とみられる。

プリンは2017年にメタップス傘下で設立され、みずほ銀行などが出資。18年3月から提供を始めた同名のアプリでは、銀行口座からチャージ(入金)して店舗での決済に使ったり、ほかのユーザーに送金したりできる。チャージしたお金を銀行口座に出金する際、手数料を無料としているのも特長だ。ユーザー数は数十万人規模とみられる。