カリフォルニアにあるテスラの工場。独自開発の運転支援システムへの信頼が揺らぎつつある(Jim Wilson/The New York Times)

2019年8月のある日。ベンジャミン・マルドナドさんは10代の息子を乗せて、カリフォルニア州の高速道路で車を運転していた。前を走っていたトラックが速度を落としたため、方向指示器を点滅させて右に車線変更した数秒後、マルドナドさんの運転するフォード・モーター「エクスプローラー」は、運転支援システム「オートパイロット」を使って時速約100キロメートルで走行していたテスラ「モデル3」とぶつかった。このテスラ車が撮影した6秒間の動画および同車に記録されたデータからは、オートパイロットも運転手も、衝突の一瞬前まで車を減速させていなかったことがわかる。

オートパイロットとは、車両が自らステアリング、ブレーキ、アクセルを操るというテスラご自慢のシステムだ。テスラの主力工場から7キロと離れていない場所で起きたこの事故は、テスラを相手取った訴訟に発展している。オートパイロットがらみの事故は本件も含めて増えており、技術的な欠陥を指摘する声が強まっている。