6月末、米ニューヨーク証券取引所に上場したディディ。その直後に事件が起きた(ロイター/アフロ)

中国ネット配車最大手の滴滴出行(ディディ)が、中国のネット規制当局からアプリ配信の停止を命じられた。同社のアプリに個人情報の収集・使用に関する重大な法令違反があるとして、7月4日、国家インターネット情報弁公室が決定を発表したのだ。

当局はディディのアプリの問題点に関する通報を受けて調査・検証を行い、中国のサイバーセキュリティー法に基づく必要な措置を取った。同弁公室はディディに対し、「法律の要件や政府の基準を厳正に順守し、アプリの問題点を真摯に修正して、ユーザーの個人情報のセキュリティーをしっかり確保する」ように求めている。