日野自動車が2022年に発売する小型低床のEVトラック。同社初のEVで、主に都市部の宅配用トラックとしての使用を念頭に置いている(写真:日野自動車)

ネット通販の普及などで繁忙を極める配送業界。その「ラストワンマイル」を担う宅配用の電動トラックが近く登場する。

名称は「日野デュトロZ(ズィー)EV」。日野自動車が同社初の量産EV(電気自動車)として開発を進める小型低床トラックだ。道幅が狭い都市部の住宅街でも使いやすい小さめの1トン積み車で、普通運転免許で運転できる。フル充電時には約100キロメートルの走行が可能だ。

デュトロZEVは荷台の床の高さが地面から40センチメートルと一般的なトラックの半分以下。モーターなど電動コンポーネントの多くを運転席下に収納したうえで、トラックでは珍しい前輪駆動にして荷台下のプロペラシャフトをなくし、超低床化を実現した。また、運転席から直接、後ろの荷室に移動できるウォークスルー構造にもなっている。

【左】ドライバーの疲労を軽減するため、荷台の床の高さを従来の半分以下にまで下げた。運転席から直接、荷室に移動もできる。【右】モーターなど多くの部品を前方のキャブ下に収納し、さらに前輪駆動にすることで超低床化が可能になった(写真・イメージ図とも日野自動車)

人口の多い都市部になると、宅配ドライバーは1日で100回以上の乗り降りを繰り返す。荷台が低く、かつ、運転席から直接荷室に移動できれば、荷物の積み卸しの作業が格段に楽になる。

「カーボンニュートラルへの貢献だけなく、EVの特性を活かし、配送現場の困りごと解決に役立つトラックを目指した」と、開発チームの責任者を務める日野の東野和幸・チーフエンジニアは話す。年内に国から車両認可を取得した後、宅配事業者によるテスト使用を経て、2022年初夏に市場投入する予定だ。

商用車にも電動化の国家目標

自動車産業は今、電動化や自動運転、コネクテッド(車と外部の通信接続)など、「CASE」と呼ばれる先進技術の導入・普及に向けた大変革期を迎えている。それは乗用車だけでなく、貨物トラックやバスなど商用車の分野でも同じ。中でも急がれるのが電動化への対応だ。