(マハロ / PIXTA)

中国の若者の間で「躺平(タンピン)(寝そべり)」という言葉が流行している。出世や結婚を避け、頑張りすぎない最低限の生活を送ることを指す。大卒者が20年で8倍に増え、大卒相当者の失業率はコロナ禍前から15%を超える(全国平均は5%程度)。厳しい受験競争や就職難を乗り越えたエリートでも「北京や上海では競争が激しく、頑張っても出世しづらい」(野村総合研究所の劉芳・主任コンサルタント)。