中国・北京のAIIB本部(ロイター/アフロ)

アジアインフラ投資銀行(AIIB)は中国主導で設立されたことから、中国の「一帯一路」構想の推進エンジンとみられることが多かった。現に中国が最大の出資国である一方、日本や米国は参加を見合わせている。

だが、設立から5年が経過した現在、当初危惧されていた「中国主導」による強引な動きは見られず、開発金融機関としての国際的な基準を守って運営されているとの評価も増えてきた。