澤田会長は「海外旅行の回復は2022年春ごろを想定。今年の末ぐらいから戻ってくるだろう。その後、訪日客が戻る見通し」とする

西新宿から本社を移転してわずか1年──。旅行会社大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は6月30日、本社社屋を売却すると発表した。

2020年3月に竣工した「神谷町トラストタワー」(東京・港区)の4〜5階部分にフリーアドレスの導入などを掲げて入居しており、約2320坪すべてを売却する。売却後もそのまま賃借するセール&リースバックで、借り入れや増資に頼らず手元資金を確保する。

売却額は簿価と同額の325億円。三井住友フィナンシャルグループのグループ企業に売却する。7月中をメドに契約を締結する予定で、リース額は現在交渉中だ。

上場来初の最終赤字転落と財務の悪化を受けた昨年12月、澤田秀雄会長はホテルなど投資計画の大幅縮小を公表。不動産や有価証券の売却のほか、テーマパークのハウステンボスについても「売却すると700億~800億円になる」と言及した。また、前CFO(最高財務責任者)の中谷茂取締役(今年1月に退任)は「本社も資産なので(売却を)考えていく」と語っていた。

すでにコミットメントラインで330億円、当座借り越し枠も30億円を確保し、流動性の問題はないとの認識だが、本社売却でさらに財務基盤を固める。今後も固定費の削減に加えて資産の売却を続け、自助努力での資金確保に努める構えだ。