サントリーホールディングス 社長 新浪剛史(にいなみ・たけし)1959年神奈川県生まれ。81年慶応大学経済学部卒業、三菱商事入社。91年米ハーバード大学経営大学院修了。2002年ローソン社長、14年会長を経て同年10月、サントリーホールディングスの社長に就任。(撮影:梅谷秀司)

長期的に見て中国の消費市場は大いに発展し、人々の生活も豊かになっていくだろう。世界では、2050年に向けて科学技術が計り知れないほど進歩する。その牽引役は中国であり、またそれを享受するのは中国の人民だという前提に立てば、今後は高齢化が進み人口が減っていくとしても、中国の将来を悲観的には捉えていない。GDP(国内総生産)成長率6%以上の維持は難しくとも、3%程度を確保できるはずだ。

中国の経済成長を支えるのは生産性の向上だ。例えばフードデリバリーサービス。今のビジネスモデルは配達員の賃金が低いことを前提に成り立っており、今後は賃金上昇によるコスト増が予想される中、ドローンなどを活用した自動配送をどんどん進めている。