山東省にある石炭火力発電所。石炭は中国にとって最大のエネルギー源だ(Giulia Marchi/The New York Times)

「2060年より前の炭素中立(カーボンニュートラル)の実現を目指し努力する」。昨年9月に開かれた国連総会で、習近平国家主席はこう表明した。

世界の気候変動において、中国の存在は大きい。同国のエネルギー消費量(18年)は約32億トンと世界最大で、世界の消費量の22%を占める。