デクセリアルズはソニーグループの化学子会社が前身(撮影:梅谷秀司)

長引くコロナ禍の中、5カ年の中期経営計画の2年目にして最終の利益目標を超過達成──。光学・電子材料部品メーカーのデクセリアルズは、ノートパソコンや車載ディスプレー用の反射防止フィルム、スマートフォンのディスプレーに使う導電性接着フィルムなどの特定分野で高シェアを誇る。前2021年3月期決算は売上高658億3000万円(前々期比14.1%増)、営業利益113億3900万円(同2.5倍)で期初計画から特大の上振れ着地。営業・経常利益で過去最高を更新し、24年3月期を最終年とする中計で掲げていた業績目標のうち、売上高以外を前倒しで達成してみせた。

コロナ禍の中でスタートした前21年3月期は先行き不安に見舞われ、減益計画を立てていた。育成中の車載向け材料で顧客が増え始めた矢先、世界中の自動車工場が操業停止。新家由久(しんやよしひさ)社長は「確実な案件だけを積み上げ、減益の業績予想となった」と振り返る。

その景色が変わったのは前期の後半。企業のテレワーク拡大は見込んでいたが、想定以上に普及した。デクセリアルズの事業は光学材料部品と電子材料部品の2つだが、光学材料では主力の反射防止フィルムがパソコン向けに大きく伸び、車載向けにも新規採用が再開。光学材料事業の営業利益は前々期比3.4倍に増えた。リチウムイオン電池向けヒューズなどの電子材料事業は堅調に推移し、生産性改善も相まって営業利益が同50%近く伸びた。