ささき・とおる 2015年6月から現職。03年4月からJPモルガン・チェース銀行でFXストラテジストとして金融市場を調査・分析。その前は日本銀行に勤務、調査統計局などを経て、国際局(当時)為替課で為替市場介入を担当、ニューヨークで米国金融市場分析も担当した。(撮影:今 祥雄)

今年に入ってからの為替市場では、円が独歩安となっており、円の実質実効レート(複数の通貨間で見た円の実力)は2015年6月につけた1970年代前半以来の最安値まであと4%程度となっている。過去20年間の平均からは20%、過去30年間の平均からは30%も割安となっている。

長期的に見ると、円の弱さは今年に始まったことではない。円の実質実効レートはアベノミクス開始後に大幅に下落して以降、70年代前半と同じレベルで推移し続けている。このことは、単純に言えば日本人の海外での購買力も70年代前半と同水準になっていることを意味する。

その前は来日する外国人は一様に日本の物価の高さに文句を言っていた。一方、日本人が海外旅行に行くと、免税店で日本に比べて割安なブランド物を購入して帰るのがお定まりだった。