かわにし・いずみ 1963年生まれ。86年ソニー入社。旧ソニー・コンピュータエンタテインメントで携帯ゲーム機やソフトウェア開発を担当。FeliCa企画開発部門長、モバイル事業の取締役などを経て、2016年からソニー執行役員。21年6月から現職。

──AIロボティクスビジネスグループの使命は何ですか。

吉田(社長)とよく話すのは、物理的に存在するもので、かつ置物よりも動き回るものをつくりたいということ。動き回るものには本能的に視線が集まる。これまでつくってきたのも、aiboは自律歩行、EVは自動運転、ドローンは自律飛行と、動くものばかりだ。

AIとロボティクスを簡単な言葉に置き換えると知力と体力だ。頭がよくても体がついていかないとダメで、ソフトウェアと機械的な部分とのバランスが重要だ。

──EVの「ビジョンエス」を試作しています。完成車メーカーや部品メーカーの反応はいかがですか。