(イラスト:ソリマチアキラ)

6月、米国のメジャー、全米女子オープンゴルフで笹生優花プロが、大会史上最年少19歳11カ月17日で初優勝を挙げました。それも畑岡奈紗プロとのプレーオフ。こんな日が来るなんて、感激と感動で心が震えました。

いつか日本ツアーからポッと米国ツアーに行って、日本の選手がメジャーで勝つのが夢でした。それがここ3年で、2019年渋野日向子プロの全英女子オープン優勝に続き2人目。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の目標がかなってものすごくうれしいです。米ツアーにも長く参戦された樋口久子プロから3人目の世界メジャー制覇です。

笹生プロの強さは、何といっても圧倒的な飛距離とその球の強さ。男子プロ並みの迫力です。アプローチも多彩でなかなかボギーを打たない技術力。そしてコースの攻め方は頭脳的。とても新人のゴルフとは思えないすばらしいプレーで20年、国内2勝を挙げています。